VK5JST's Antenna Analyzer

アンテナをいじっていると、インピーダンスやSWRなど簡単にわかる方法が欲しくなります。最近はさまざまなアナライザーが出ていて、測定結果をグラフ表示してくれるものが増えてきました。しかし、結構高価でなかなか触手が動きませんでした。いろいろと探しているうちに見つけたのがこの機器です。
ネットで調べてみると、この機器についてさまざまな国の人たちが製作例を公表し、改良記事もたくさんありました。なによりもキットとして購入できるのが楽しみです。
この機器はオーストラリアのVK5JSTがだいぶ以前にデザインして全世界で長く使われているようです。現在はAHARS kitとしてネットを通して購入できます。ここはAdelade Hills Amatur Radio Societyというクラブが運営しているサイトのようです。
早速購入を申し込むと、約3週間ほどでどっさりとした荷物が届きました。送料を含めてAUDで$145でした。PayPalが利用できます。AUDはUSDと比べると多少安いようです。

この機器のコントローラーはPICAXEが使われています。VK5JSTのホームページにはいくつものバーションが公開されており、ダウンロードして自分なりの装置に作り上げることができます。
PICAXEへのプログラムの書き込みもシリアル変換のついたUSBコードを基板に差すことで容易に行うことができました。
ですから、自分で部品を集めればネットからの情報でこの機器を作り上げることも可能です。

95W×150L×55Dほどのプラスティックケースの中にすべてが入れられていました。袋を振るとカタコトと音がします。そのためでしょうか、税関で開封検査されたというシールが貼られていました。
多少は小分けされていますが、すべての部品が一緒くたになって詰め込まれています。
印刷されたマニュアルも同梱されていましたが、ネットで公開されているものより前のバージョンのようです。(一部誤植がある)
そのマニュアルにシリアルナンバーが振られていて、私の受け取ったものは#001397となっていました。この数字の通りだとするとすでに千台以上が作られているようです。クラブの扱うキットでこの数字はとても大きいものだろうと思います。

右の写真が部品取り付け面の様子です。回路パターンに配線するリード線は穴を通ってハンダ面に行っていますが、GNDに落とすリード線はそのままGNDにハンダ付けする仕組みです。
こうすることで最短距離でGNDと接続し浮遊容量を減らすことができるのだそうです。

このキットは、しっかりした説明書やうまく動作しなかったときの診断資料など公開されており、また、製作記事もたくさん見つけることができます。しかし、部品取り付け面には何の表示もなく、部品表とと説明図を見ながら組み立てていきます。初めてキットを組み立てるという人には難しい、中級者以上のキットだと思います。
また、ケースへの収納にも工夫が必要で、穴あけなどは自分で行うことになります。
校正はテスターがあれば、ある程度のところまでその精度を追い込むことができそうです。
組み立てが楽しめて、できあがれば実用としても十分その性能を発揮してくれるこの機器は、無骨な外観については一考の余地がありますが、結構気に入っています。
なお。基板だけでも頒布しています。一つずつ部品を集めることも楽しみたい方はチャレンジしてみてください。

基板がちょっと変わっています。片面は通常のパターンがあり、ハンダ面として見慣れたものですが、部品取り付け面はすべてGNDになっています。部品のリード線を差し込む穴の周りがくり抜かれていて短絡が起こらないようになっています。
また、このような構成になっているので、部品リード線をGNDに落とす場合、そのリード線はハンダ面には出さず、(穴が開いていない)、部品取り付け面のGNDにハンダ付けすることになる。

VK5JSTのホームページに掲載されている資料を翻訳してみました(pdf)

製作マニュアル
部品リスト
診断データ
取り扱いマニュアル

まずやらなければならないのが、部品の整理と確認です。抵抗やコンデンサの数がたいへんに多く、特に抵抗についてはチェックリストが付けられていて、キットにする段階で確認がなされているようです。
部品のリストもホームページからダウンロードできるので、それぞれの部品を確認しながら整理しておくとよいでしょう。